アフィリエイトで情報を売る

ネットビジネスとして情報を売るというのがあります。その情報というのは一体どのようなものかと思いますとこういうお得な情報があるとかこういう面白い動画があるというような紹介をすることです。
要するにそういうものはアフィリエイトブログと呼ばれるものとしてやられていることが多いです。アフィリエイトとアドセンスというのはかなり違う部分が多くあるのですが要するにブログを作ってそこに来てくれた人が何かしらのアクションをしてくれた場合にこちらに広告主などからリターンが得られるということを期待するビジネスになります。
一人当たりで言えばかなり単価が高いのがアフィリエイトで、単価は低いがやってくれる可能性が高い行為でリターンが得られるのはアドセンスになります。
それはいったい具体的にどのようなものかと言いますとアフィリエイトブログの場合は自分のサイトからリンクを辿って特定の通販サイトなどで購入したりとかそういうことで売り上げが出た場合にその一部をリターンしてくれるということになります。
アドセンスの場合、クリックだけでOKです。広告などをクリックしてくれるだけで一人当たりのクリック単価なんて1円以下であることが多いのですが、それでもものすごく多く人が集まってくれるブログを作ることが出来れば結構な金額になったりします。
アドセンスとアフィリエイトというのはどちらが良いのかというのは人によって違うでしょう。そのブログの性質によって違うことになりますから、実際にはどちらが良いネットビジネスであるという優劣を作れるというわけではありませんので、自分の性質としてはどちらが良いのかというような自分基準で考えてみると良いでしょう。
こうしたネットビジネスのよいところはブログなどは作る必要性があるわけですが、基本的には自分で何か物を仕入れたり、特に費用が最初に結構かかったり、ということがない点でしょう。
情報を売るというのは比喩的表現ではあります。別に具体的にそれを見た人からお金を取るとか特定の情報を商材にして売るということではないのです。
あくまで面白い情報とかをブログ記事にすることなどによって、上手く人を集めることができればそれでよいことになります。
ですから、まずはじめてやろうとするネットビジネスとしてはかなりよいことは間違いないわけです。失敗した時のリスクが殆どない、というのはビジネスとしてはかなりの利点といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です